よくあるご質問
HOME > よくあるご質問 > よくあるご質問
null
  • お電話でのお問い合わせ

    医院外観

    医院名 わたなべ動物病院
    住所:〒270-1514
    千葉県印旛郡栄町酒直台1-28-2
    TEL:0476-95-8985
    FAX:0476-95-9485
    診察時間:
    午前 9:00-12:00
    午後 16:00-19:00
    休診日:木曜日

null
院長挨拶
スタッフ紹介

渡辺院長のひとりごと

null
null
各種クレジット取り扱っております

よくあるご質問

  • Q.再生医療(細胞治療)ってなんですか?

    自分自身の細胞を体外で培養し、病気や怪我の治療に役立てる治療法を再生医療(細胞治療)と言います。これまで、治療法が存在しなかった病気などに対する新しい治療法として注目され、世界中で研究が行われています。ヒト医療においては、厚生労働省の先進医療に認定されており、すでに大学病院や医療機関などの臨床現場おいて利用が始まっている治療方法でもあります。再生医療は、本人から採取した細胞を体の外で増やし、生理活性物質や細胞が増えるための足場を加えることで、目的にあった細胞に変化(分化といいます)させた後に、本人に移植することが基本になります。
    治療方法として、がん免疫細胞療法(CAT療法、DC-CAT療法など)・幹細胞療法(骨髄・脂肪由来間葉系幹細胞療法)があります。
    がん免疫療法は、主にがんの進行を抑えたり延命を図る治療で、化学療法や放射線療法、温熱療法と併用することもあります。
    幹細胞療法は、骨折癒合不全の骨折部位や脊髄損傷の損傷部位の修復、慢性関節炎の治療などで行われます。

  • 幹細胞ってなんですか?

    動物の体にある細胞は、もとになる細胞からいろいろな器官や臓器を形成する細胞に変化します。この変化を「分化」するといい、このもとになる細胞が幹細胞です。もともと骨髄や脂肪組織に含まれる幹細胞は、筋肉、心筋、血管、骨、軟骨に分化することが知られています。いわゆるiPS細胞やES細胞のような万能細胞とは異なり、分化する細胞が限られているのが特徴です。

  • 幹細胞療法とはどのような治療ですか?

    病気のイヌやネコから脂肪組織や骨髄液を少しだけとり、そこから増殖させた幹細胞を用いて、ダメージを受けた患者の細胞や組織を修復したり再生したりする治療法を指します。その際用いる幹細胞は、血液中に投与される場合もありますし、患部に直接移植される場合もあります。

  • どのような病気に効果があるのでしょうか?

    幹細胞は、骨折癒合不全や脊髄損傷、また炎症性の関節炎で治療の研究が進められています。骨折癒合不全では、幹細胞が骨の周囲にある骨膜(こつまく)や、骨細胞、また栄養を運ぶ血管に分化することで骨折部位を修復していくと考えられています。また、脊髄損傷では、幹細胞が血管へと分化し、損傷部位の血流を回復することで、神経細胞の伸長を補助したり、脊髄全体の再形成を促すと考えられています。関節炎では、幹細胞は関節に新たな軟骨や骨膜を形成させ、痛みを和らげたり、炎症を回復させると考えられています。

  • がん免疫細胞療法とはどのようなものですか?

    動物には病気や怪我に対して自分で治そうとする免疫力(白血球のリンパ球)という自然治癒力が備わっており、体内にできたがん細胞や体の中に侵入した細菌やウイルスを攻撃して死滅させます。免疫細胞療法は、このような生まれつき備わっている免疫の力を利用したり、免疫の力を強めたりすることで、がんの発症や進行を抑える治療方法です。がんの治療には、外科手術・化学療法・放射線療法の三大療法がこれまで主流を占めてきました。これに継ぐ第4の療法として、またがん治療特有の苦痛を伴わない普通の生活を送れるようなQOL(Quality of Life)の改善を高める治療法として、がん免疫療法は、世界中で研究され、臨床的な効果が得られる治療法になりました。
    がん免疫療法には、活性化リンパ球(CAT)療法・樹状細胞ー活性化リンパ球(DC-CAT)療法などがあります。

  • 活性化リンパ球(CAT)療法とはどのように行うのですか?

    イヌ、ネコの血液(10-12ml)からリンパ球を回収し、薬剤を加えてリンパ球の活性化・増殖を行ないます。2週間後、およそ1,000倍に増えたリンパ球を洗浄・回収し、点滴で体内に戻します。

  • 樹状細胞ー活性化リンパ球(DC-CAT)療法とはどのように行うのですか?

    すりつぶしたがん細胞(腫瘍組織)を、樹状細胞と一緒に培養します。樹状細胞はリンパ球にがんを特異的に攻撃させるための目印を持つ細胞です。この樹状細胞と活性化して1,000倍に増やしたリンパ球を投与することで、がん細胞に対してより特異的に攻撃させる治療です。

  • がん免疫療法でがんは治りますか?

    免疫療法では、進行がんや末期がんは完全に治すのは難しいと言われています。一方がんの進行を止めたり、再発防止する効果、QOL(生活の質)を改善する効果は大いに期待できます。がんは再発が最もおそらしいことですので、手術後にがんの再発を防止することは効果的な治療であると考えられます。

  • 副作用はありますか?

    副作用は軽い発熱がたまにみられる程度です。自己のリンパ球ですので、重篤な副作用の報告はありません。

  • 投与頻度はどれくらいですか?

    投与の間隔、回数は、病状を見て相談して決めます。標準的な治療では、2週間に一回投与を4~6回、その後は月に一回投与を4~6回行います。その後、検診にて、治療の終了、中断、継続を検討します。

  • 他の治療との併用はできますか?

    可能です。抗がん剤や、放射線治療、あるいは漢方療法等との併用は、お互いの治療タイミングを考慮して頂ければ、むしろ高い効果が期待できる可能性があります。併用にあたっては、治療状況・状態等により判断いたします。

  • Q.犬や猫も熱中症になりますか?

    A.人は全身にある汗腺で体温調節をしますが、毛に覆われている犬や猫の汗腺は肉球の部分にわずかにあるだけで、ほぼ口呼吸によって熱を発散するしかありません。ですから犬や猫は想像以上に熱に弱く熱中症になる危険が高いのです。

  • 熱中症のサイン見逃さないで!

    体温の上昇と頻呼吸が2大症状ですが、その他に嘔吐・下痢・過剰なよだれ・虚脱・痙攣などの症状が見られることもあります。
    これらのサインを見逃さないように!

  • もし症状が見られたら・・・

    もし上記のような症状が見られたら・・・・。
    まず体を冷やすことです。できれば同時に水分補給をします。
    体を冷やす場合は水風呂やシャワーで冷やします(氷水は不可)。保冷剤で脇や内股部などの血管に近い所を冷やすことも効果的。
    水分補給は、体内の電解質バランスが崩れていることが予想されるため、電解質バランスを整えるためのドリンク(薬局などで売られている人用の物で大丈夫)を与えることがおすすめです。飲む元気がないような時はスポイトなどで与えます。
    ですが、意識が無い時は誤嚥の危険があるため無理に与えないで下さい!

    このような応急処置を行いながら病院に連絡し、受診してください。

  • 熱中症を予防するには

    熱中症の予防の7カ条
    1. 高温多湿の環境をつくらず、通気性の良い場所を作る
    2. 狭い空間に長い時間いさせないようにする
    3. できるだけ動物をひとりにさせない
    4. 水分補給をしっかりする
    5. 保冷マットや保冷剤を有効に活用する
    6. サマーカットにして涼しく保つ
    7. もしなってしまった時の対処の準備をしておく

  • 散歩時の注意

    気温が上昇した日中、炎天下での散歩は避けましょう。地面は想像以上に高温で照り返しが強く、地面近くを歩く犬猫にとって影響がとても大きいのです。
    散歩は早朝・夜間にするように心掛けましょう。

  • 室内環境

    締め切った室内は風通しも悪く熱がこもるので危険です。
    犬猫を留守番させる場合は、たとえ節電が叫ばれていてもエアコンを有効に利用し、室温を適温(27度前後で十分)に保ちましょう。

  • 車内では

    車内は温度上昇がとても早く大変危険です!
    買い物などで犬猫を車内に残すことは絶対に避けましょう。

  • Q.犬と猫に食べさせてはいけないものはありますか?

    A.基本的には、人間の食べ物を犬・猫にあげてはいけません。犬・猫にとっては害のあるものばかりですので、一緒の食べ物をあげるのはやめましょう。

犬と猫にとって危険な食べ物リスト

種類 代表的な食べ物 含まれている
危険な成分
起こりえる症状 補足
ネギ類 たまねぎ、長ねぎ、ニラなど アリルプロピルジスルファイド 赤血球破壊、胃腸障害、血尿、衰弱、心拍の増加 それぞれ毒性成分の含有量が違うため、危険度は異なります。
チョコレート(カカオ類) カカオ含有量の高いビターチョコ テオブロミン 不整脈、心拍の増加、口の渇き、過剰な活動、痙攣、発作、嘔吐など ミルクチョコレートはカカオ含有量が低いため、症状は出にくいです。
レーズン・ブドウ レーズン・ブドウを含む食べ物 嘔吐、下痢、腹痛、腎不全 症例は主に犬から報告されています。猫にはまだ未知数なところがあります。
カフェイン お茶、コーヒー、コーラなどカフェインを含む物 カフェイン 心臓や神経系への異常
  • Q.駐車場はありますか?

    A.病院の両脇に2台・裏手に7台、計9台の駐車場をご用意しております。場所がわからない場合は、ご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • Q.予約受付はできますか?

    A.携帯電話でWEB事前受付ができます!ご自宅を出る前に当日の順番取りをすることができるサービスとなっております。ご来院いただいてからお待たせすることなくスムーズな診察を心掛けたいと思い、このサービスを始めました。 ›詳細はこちらのページへ